MENU
What's New
航空機
艦船
車輌
宇宙機
大砲
ミサイル
ロボット
旧日本軍の兵器
自衛隊の装備品
ドイツの秘密兵器
アジア各国の兵器
特撮メカ
アニメメカ
最新技術リンク
その他のリンク
インフォメーション

つれづれ日記
いろものメカ雑記帳2002年12月版

2002年12月31日 改訂.


スポンサーサイト
 Amazon.co.jpアソシエイト
オンライン書店
amazon.co.jp

オンライン書店
ビーケーワン

オンライン書店
楽天ブックス

オンライン書店
イーエスブックス
2002年12月31日(火)
 実は、今年の冬コミケに行くのやめようと思っていたのだが、結局昨日売り子のお手伝いで行ってしまった。メカミリ、特撮の日には行ってないので、今回は資料的な同人誌は何も買っていない。いつも買ってる同人誌を、いつも通り買っただけ。それにつけても、BRASSさんのF104をつくる話もようやく佳境ですな。がんばれ赤星

 年内の仕事が終わったので、ここ数日で年賀状印刷しながら、見てなかったビデオを見ている。少林サッカーは、ギャグのタイミングにやや難のある部分はあるものの(香港の人間と、日本人の感覚的なズレなんだろうね)、それ以外は文句なく面白い

 WXIIIはなあ(--;) そりゃ確かに、刑事が歩き回って事件の核心にたどり着くとか、自衛隊が裏でこっそり悪いことをとか、パトレイバーの2本の映画でやってきたようなことをそのままやってるので、パトレイバーらしいといえばパトレイバーらしいんだけど、らしくないんだよね。においが消えたと言うべきか。世間にレイバーという存在が必要な世界パトレイバーの世界観なんだけど、その世界が今では現実とパラレルになっている。そのおかげで世界が現実と極めて近くなりすぎて、現実の世界にレイバーだけがいる世界になっちゃった感じ。これでは、悪いけど微妙に違う。もっと、レイバーの存在を主張した方が良かったんじゃないの。あくまでパトレイバーなんだから。お話の方は……面白いとは言えないなあ。
 WXIIIのメカの話、いきましょうか。海上自衛隊の水中用レイバーは、WガンダムのMSキャンサーに毛の生えたような感じ……。まあデザインした人が同じってことですが、要はレイバーとモビルスーツの区別がデザイナーの中で出来てないってことだろうね。これは、キャンサーをデザインした時の不始末なんだろうけど。
 それと、キャンサー……水中用レイバー用の潜水母艦ですが、こんごう型と同じような艦上構造物にする必然性って何よ? あの艦橋の多面構造は、イージスシステムを効率よく配置するためのものであって、ステルス性だけを考慮したものではないのだが。

 27日の日記でとりあえず買っとけと書いた世界の艦船2月号ですが、アンドレイ V.ポルトフソ連/ロシア原潜建造史第4回671型(NATOコードネーム・ヴィクター級)の記事が載っております。この中の671RTM型(ヴィクターIII)の記事によりますと、どうも671RTM型は、シレナUME水中工作員輸送艇とか、Ka-56ミニヘリコプターなんてのを魚雷発射管から水中射出出来たそうな。
 シレナUME水中工作員輸送艇旧日本軍の人間魚雷に似た特殊兵器で、全長11.3メートル直径533ミリ乗員2名と書いてあります。ググッてみたところ、どうも水中装具付きの特殊工作員2名操縦席無理矢理直径533ミリの中に詰め込んで、魚雷を水中操縦するものみたいですな。なんてもの運用するかなスペツナズ(-_-;)。
 Ka-56ミニヘリコプターも、直径533ミリの専用コンテナを水中射出して陸上で組み立てる(洋上で組み立てるのはムリ)んでしょうが、冷戦華やかなりし頃はこんなものまで造ってたんですなあ(-_-;) 今ちょっとググッてみましたが、やはりカモフ設計局のヘリコプター。こんなに小さくて組み立て式でも、しっかり二重反転でやんの。双尾翼式なのがイカす。
 というわけで、今年のいろもの納めでした。

 では皆様、来年もよいお年を!


2002年12月27日(金)
 ようやく、今年最後の仕事が一昨日終わりました。ハァ、シンドカッタ……。クリスマスに仕事になっちまったい(T_T)。

 とか書きながら、よーやくスカパーでやってる攻殻機動隊1本め(1話,2話)のビデオを見ました。いやあ、よろしいです! これを見たら、数年前のO監督の映画なんてクソです。確かあの頃日記に、「あんなもの攻殻機動隊じゃねえっ!」なんて書きましたが、こちらは立派にちゃんと、草薙素子のいる公安9課のアニメになってます。タチコマ(フチコマじゃないのは、なんかやばかったんでしょうか?)のおまけアニメも、「おう、おいらはこれを見たかったんだぜいっ!」というのをモロにやってくれてるので◎。攻殻ファンは、買って損なし! 全26話ということですが、ぜひタチコマ連ねて花見に行く話もやって欲しいもんですが……。

 キングゲイナー、見たいなあ……。

 MONOCHROME 1/72 ノースアメリカンF−107、自分は初回生産分をどーにか入手出来たんですが、ようやく増産分が出来たようですので、ここに来るような怪しい飛行機を追い求めるような皆さんは、模型やさんに買いに走りましょう。こんなん発売されるのが、奇跡ってもんです。自分は昔、レッドバロンのレジンキットを買った人なので、このキットは発売されるだけで嬉しい。結果的にこのキットが、今年最後に買ったプラモデルになってしまいましたとさ。

 ようやく吉祥寺のユザワヤに、北陸製菓レスキュー119が入荷していましたが、はっきり言って
入荷遅すぎっ! いいかげん物流やインターネットが発達したこのご時世に、地域差つけて発売なんかしたら、現物を購入する前ネットオークションで欲しいものは揃えちまいますがねっ! はっきり言って、戦略ミスだと思います。わたしゃ、カンパン食うのは苦手です。

 ハセガワウルトラホーク1号が、来年1月に発売延期されてますなあ。どうしちゃったんでしょ?

 世界の艦船2月号は、特集最近の艦載レーダーなので、とりあえず買っとくとよいと思います。


2002年12月22日(日)
 まずは、ようやく
40,000ヒット
 
いつも来ていただいている皆様、本当に有り難うございます。
 
もう来年の話をするのもなんですが(でも、来月)、場合によっては大変忙しくなりそうなので、申し訳ありませんがまったりペースで、日記だけは随時更新ということになると思います。

 実は、ウルトラマンAGEのVol.8の原稿が、今年最後の原稿にはならなかったのですな(笑) というわけで今年も、年末進行の真っ最中であります。守秘義務に反しますので、まだどこの本をやってるなどと公言出来るわけではないのですが、久しぶりにドイツ機と日本の試作機の原稿を書いてます。出版されたら公表しますので、皆様よろしくお願いします


制作者への電子メールは、右記アドレスをクリックしてください: k1sahara@strange-mecha.com