MENU
What's New
航空機
艦船
車輌
宇宙機
大砲
ミサイル
ロボット
旧日本軍の兵器
自衛隊の装備品
ドイツの秘密兵器
アジア各国の兵器
特撮メカ
アニメメカ
最新技術リンク
その他のリンク
インフォメーション

つれづれ日記
いろものメカ雑記帳2003年12月版

2003年12月31日 改訂.


スポンサーサイト
 Amazon.co.jpアソシエイト
オンライン書店
amazon.co.jp

オンライン書店
ビーケーワン

オンライン書店
楽天ブックス

2003年12月2日(火)

 タカラから、ワールドタンクミュージアム05が発売されました。今回は、ティーガーI 初期型ポルシェティーガーティーガーII ポルシェ砲塔ヤクトティーガーと、もうこれでもかというぐらいに虎だらけなんですが、こんなに目玉になる車輌ばかりリリースしちゃって、あとのシリーズ大丈夫なのかと他人事ながら心配になりました。
 今回のラインナップにはSdkfz.251D ハーフトラックと、米軍のM3ハーフトラックも入っているのですが、今回のリリースにより四号戦車61式戦車ヤクトパンサー(一峰大二のコミック版ウルトラセブンに登場)、M3ハーフトラックといった、ウルトラ警備隊の装甲戦闘車輌ワールドタンクミュージアムですべて出そろう結果となっているのですが、これは間違いなく意図的なものです(笑) マグマライザーHGメタルメカコレクション07ほぼ1/144なので、ちょっと頑張ればワールドタンクミュージアムジオラマも組めるぞ。
 ただ今回のワールドタンクミュージアム05に関しては、
声を大にして言いたいことが一つだけある。
今回のワールドタンクミュージアム05は、
ガムがくそまずいっ!!
 あの味に耐えかねたので、今回は3個買ったらあとはポストホビーで欲しいの買いました。第1弾の岩チョコなんてぜいたくはいいませんから、土嚢ガムか、迷彩ラムネで構わんので、お菓子を元に戻してください。あくまで食玩なんだから、売りたかったら菓子の味にこそ気をつかうべきだと思うのだが。

 さて食玩といえば、タカラ世界の艦船とか、コナミSFムービーセレクション サンダーバードPODビークルVol.1とかいろいろありますが(あえて、どこぞのドイツいろものジェット機食玩の話題にはノータッチ)、SFムービーセレクションの将来のラインアップにマイティジャックとは、思い切ったなコナミ……(出たら買うけど)。

 さて話題が少々アンダーソン作品にシフトしたが、謎の円盤UFO大全(双葉社:ISBN4-575-29630-9)とてもよい本なので、見たら速攻で買った方がいいです。これまで、サンダーバードを取り巻く日本の文化を歴史的にまとめて掲載した本はいくつかあったような気がするんだけど、謎の円盤UFOを取り巻く日本の文化を歴史的にまとめて掲載した本なんてものが出版されるなんて、誰が想像したであろうか? 書いたのはもちろん、あのケッダーマンさん。そういえば、ファンロード大都社から復活か。

2003年12月6日(土)
試作1号
ホームページビルダー8
 さっそくホームページビルダー8を購入。今度のヴァージョンには日記エディタが付いているので、このページも日記エディタ対応フォーマットに変更してみました。しかし、手間はほんの少しだけ省かれるけど、結局ホームページビルダー8自体を立ち上げてエディットしなければ、満足のいく日記は書けないので、ホームページビルダーを使い込んだ人には、わずらわしいだけかもね。何でもいいからブログ作ってアップしたい人には便利なのだろうけど。
 今度のホームページビルダー8にはファイル転送予約機能があるので、日付を指定してページを更新できるのはちょっと便利かもしれんな(かといって、4月1日限定ヴァージョンのバカページとかに期待されても困るんだが)。

月への有人飛行再開も検討 ブッシュ米政権がと報道
 いきなり報道されちゃいましたが、要は中国の有人宇宙飛行が成功し、次の目標は月だとマジメにいいだしたんで米国も焦り始めたってことなんでしょう。なんか、ムーンライトマイルみたいになってきたので、面白いといえば面白いんですが。やっぱり競争原理ってものがないと、人間は先へ進めないんでしょう。
 しかしまあ同じ日にこんな報道もされてるんですが、米国スペースシャトル国際宇宙ステーションからなんとかしないとね。日本はいわずもがな。
2003年12月9日(火)
続ワ−ルドタンクミュージアム05

 買うのをやめたはずのワールドタンクミュージアム05だったが、クソまずいガム日中の眠気覚ましに丁度いいことに気付き、じつはその後もしばらく買っていた。で、今日も買ったのだが、シークレットのティーガーI 初期型ビットマンマーキング車輌を出してしまったので、今度こそやめた方がいいかもしんない。

2003年12月10日(水)
タカラ「世界の艦船」

 タカラ世界の艦船が発売されていたので買ってきましたが、食玩じゃなくて玩具付き入浴剤でした。しかしながら世界の艦船は、お風呂で遊ぶことも前提に発売されたものなので、どっかのマルキ天外兵器よりトータルコンセプトが取れていてよいと思う。そのためのレアアイテムのマイクロ水中モーターなんだから。家庭のせまいお風呂で遊ぶには、丁度よい大きさであろう(風呂屋にもってっちゃだめよ)。
 さてこの世界の艦船は、いろいろ結構画期的なラインナップだと思う。まず、おやしおなるしおノーチラスシーシャドウといったところのスケールが1/700というウォーターラインスカイウェーブシリーズスタンダードなスケールだということだ。当然おやしおなるしお、既存の護衛艦のプラモデルと情景を組むことができる。みらいと並べるのも可能だ(笑)
 ドイツの人間魚雷マルダースケールが1/72なのだが、マルダーの1/72といえば既存のものは東欧のレジンキットで、輸入模型屋で購入すれば3000円ぐらいはしたものであった。それが、運がよければ400円で手にはいるのだから、非常に画期的である(現物は、アンダースケールになっている気もするが……)。
 それと、しんかい6500のスケールが1/144なのだが、1/144といえばワールドタンクミュージアムのスケールである。それと同時に、飛行機プラモのスケールでもある。ワールドタンクミュージアム05ティーガーI 戦車初期型白く塗って砲塔に緑の三つ葉を描き、世界の艦船しんかい6500グレーで塗装して三つ葉を描き、ドラゴンモデル 1/144ハリアーを買って赤く塗装し三つ葉を描けば、陸上防衛隊まおちゃんの情景がさっくり出来てしまうのだよ。これもおそらく、リリースした側の意図したものか……。
 んでまあ今日は5個買ったわけですが、マイクロ水中モーターが1個も出なかった代わりに、のっけからサブマリン707Rジュニア2号艇シークレットの707II世キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

2003年12月11日(木)
続・タカラ「世界の艦船」

 昨日からさらに7個も買ってしまったわけだが、どういうわけだかダブリまったくなし。「ダブったかな?」と思われたのも、おやしおなるしおだったのでいうことなし。ようやくマイクロ水中モーターも1個出せたし、シークレットじゃない707II世も1個出たし、そろそろ無理せずヤフオクでの入手に転換すべきかな。

2003年12月13日(土)
やっとキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

 ようやく西山洋書に、「British Secret Projects: Jet Bombers Since 1949」が来たので購入。表紙からしてアブロ・バルカン無尾翼初期計画案だったりするのですが、中身はやっぱりヴィッカースウォーリスの可変翼機とかブリストル188とかが掲載されているわけで、ここに来てる人にはやはり1家に1冊の本だと思います。買って損なし。

続・続・タカラ「世界の艦船
 タカラ世界の艦船は、結局15個買えましたが、ダブリジュニア1号艇ジュニア2号艇という、なんかものすごく運のいいことになってしまいました。あとほしいのはマルダーの実弾ヴァージョン海龍のセイル迷彩ヴァージョンというところか。

コナミ SFムービーセレクション サンダーバードPODビークルVol.1
 昨日からコナミSFムービーセレクション サンダーバードPODビークルVol.1が発売されましたが、とりあえずほぼシークレット扱いジェットモグラを入手。吸着ハンド車をなんとかしないと。

偕成出版ジュニア博物館 全18巻
 いきなり何だと思ったかもしれないが、ここのところ仲間内で話題になっていたシリーズ本14巻の電子頭脳の世紀とか、17巻のロボットの世界とかはコンピューターやロボットの歴史子供相手に判りやすく解説した本という意味においては現在でも十二分に通用する内容であろう。逆に、現在このようなコンセプトの本が書店に一冊もないということが、現代の子供達が科学ばなれや技術ばなれを起こしている原因の一つになっているのだろうなあ。本日仙田さんから、15巻スピードの世紀16巻すすむ海洋開発18巻明日をひらく科学3冊をいただいてしまった。仙田さん、いつもどうもすいません。

レベル1/144 ミグ1.44
 今日イエローサブマリンに行ったら、ドイツレベル1/144ミグ1.44が出ていたので購入。でもどうせ、1/72であらためて出されると買っちゃうんだろうなあ。ちなみに、先日話題にした1/144ハリアードイツレベルから発売されているのが一番入手しやすいみたい。そういえば、ドラゴンモデル1/72 戦車キット新製品ヤクトバンターパンターGだった。

2003年12月20日(土)
SONYがまたやりましたよ!
歩くより遅いかも? 世界初の“走る”ヒューマノイドロボット
 記事タイトルがえらい書かれようですが、ZDNNあたりが一番詳しく書かれてるような気がするので(というより、SONYのプレスリリースの方がいいだろうがよう)
 まあついに、走る動作が可能なロボットが誕生したということは非常に喜ばしいことでしょう。現状では確かに、歩行動作より速度が遅いですが、これから制御プログラムの改良やら、部品の改良やらで速くしていくんでしょうから。

2式大艇、九州に移転!?
 待てこら、こんなこといつ決まってたんだよ! というわけで、船の科学館2式大艇海上自衛隊鹿屋航空基地史料館移転することが決まっており、展示は今年いっぱいまでなんだそうです。まあ、ロクなメンテナンスもされずに、プールサイドで野ざらしにされとくよりはいいことなのかもしれません。
 しかしながら、来年はなんとかプールの中にカメラ持ち込んで、逆サイドからの撮影を検討していただけにちょっと残念。

食玩
 タカラ世界の艦船も、ほしいものは手に入ったし、コナミSFムービーセレクション サンダーバードPODビークルVol.1フルコンプリートしたので食玩関係は年内は終了かな。あ、本田美奈子の「ワンウェイ・レヴォリューション」のCDがあったか(あれ?)

ドルニエ Do.231
 何の気なしに掲載してみましたが、ググッてDo.31E の画像しか出てこないので、意外と貴重な画像らしい。やはり、こういうのを掲載するのが、ウチのサイトの真骨頂だろう。

というわけで
 実は右側画像が入る仕様にデフォルトでなっているのだが、今日ようやく使えた。
2003年12月21日(日)
サンダーバード実写・続報
 さて、ハリウッドでやらかしてくれているサンダーバード(実写版)の続報なんですが、今回は画像が横長なので、いつものHTMLの書き方に戻しています。
 それでまあ、ひろってきたのがこれ
 テクノボ○ジャーかよっ!!

 いや、そりゃ確かにブルドーザーなんだけどよ。よりブルドーザーらしくして、どうすんのよ。耐熱性とかよぅ。
 これはいい、0テ○ターですね。

 他にも、なんか劇場予告フィルムらしきもので、あのFAB1が空飛んでたように見えましたが、私は見なかったことにしたいと思います。あ、それと、まったくの別物と考えれば3号だけは異様にかっこいいんですけどねえ。
2003年12月23日(火)
「空飛ぶ円盤」型飛行機の開発が再開?

 WIRED NEWSでひさびさに取り上げてくれたのでようやく機体の名前を知ることができましたが、これは過去に何度か海外のドキュメンタリー航空雑誌で取り上げられていたロシアの円盤機です。Aviation Concern "EKIP"開発が行われていたのですが、やはりこれも資金不足で開発がストップしていたのですな。
 WIRED NEWS の記事によると、米海軍航空システム司令部(NAVAIR)が開発に参加し、開発が継続されることになったようだ。これは新しいコンセプトの航空機であると同時に、開発が成功すれば米海軍短距離離着陸着水が可能大型輸送機を入手することになるわけだが、つまらない形状の航空機が増えてきた昨今、ひさびさのいろもの航空機なのでぜひとも開発が成功してほしいものだ。

ドラゴン マイクロアーマー第8弾 エレファント
 発売されてましたので2個購入しましたが、重さで検討つけて一撃でベルゲエレファント戦車回収車が出たので、もう買いません。それにしてもワールドタンクミュージアム05のおかげで、まったくシークレットがうれしくないですね。

2003年12月24日(水)
あひゃひゃひゃひゃ!
 いやは、つい気分がよくって、クリスマス特別トップページなんか作っちまったよ。明日、元に戻しわすれたらマヌケだな。
2003年12月31日(水)
年の瀬っ!

 うひゃぁ、コミケ行ってないのに年賀状まだ終わってねぇっ!!
というわけで皆様、よいお年を! 来年こそは、世界が平和でありますように。


制作者への電子メールは、右記アドレスをクリックしてください: k1sahara@strange-mecha.com