MENU
What's New
航空機
艦船
車輌
宇宙機
大砲
ミサイル
ロボット
旧日本軍の兵器
自衛隊の装備品
ドイツの秘密兵器
アジア各国の兵器
特撮メカ
アニメメカ
最新技術リンク
その他のリンク
インフォメーション

つれづれ日記
いろものメカ雑記帳2004年1月版

2004年1月29日 改訂.


スポンサーサイト
 Amazon.co.jpアソシエイト
オンライン書店
amazon.co.jp

オンライン書店
ビーケーワン

オンライン書店
楽天ブックス

2004年1月1日(木)
新年っ!

 というわけで皆様、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

なんてことをここに書いてるのは実は1月2日だったりするのですが、1月1日コンテンツの追加に時間をかけてみましたので、まあ許してやってください。なんとめずらしいことに、本館だけでなく大日本帝国秘密兵器博物館(日本語で書くと生々しいなあ(笑))と宇宙機博物館別館2館共々同時に更新されていますんで。ちょいとこの正月期間は、頑張ってみたいと思います。

今年の抱負
 まず特撮関係のライター仕事ですが、ウルトラマンAGEが続く限りは仕事したいと思っています。そういう意味では、はたして4月から新しいウルトラマンはあるのか? そしてにウルトラマンAGEおけるミレニアムの扱いがどうなるのかがヒジョーに気になるところ。
 小説は……、書けよ(と、自分に叱咤)! あと、あの本は、青井邦夫先生次第だな。
2004年1月2日(金)
まだまだ変わるよっ!

 というわけで、改訂しまくってます。よく見てみると、結構アラがあるなあウチのサイト……。まだまだやりますよ。

2004年1月3日(土)
ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS

 今回もようやく、「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」を見に行って来ました。んで感想ですが、基本的に私は、今回の「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」はほめたいんです。最初の「ゴジラ」から「モスラ」「モスラ対ゴジラ」「キングコング対ゴジラ」「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ南海の大決闘」、そして「ゴジラ×メカゴジラ」といった前作のエッセンス凝縮して1本の作品にした製作スタッフには敬意を表したいし、なんつっても今回のモスラの羽ばたき幼虫の動作は凄いし、メカ描写については(ツッコミどころはあるけど)特に文句ないし、出来た映像については本当によくやったなと思うんです。
 ただ、ストーリーの重点モスラなのか、それとも3式機龍なのか、とにかく散漫に思えるんですな。そのおかげで、製作スタッフは思いっきりやってるんだけど、振り抜けてないというか……。これは私が、前作「ゴジラ×メカゴジラ」結構思い入れがあるからかもしれないんだけど、この作品にこれ以上の尺が与えられないのならば、釈由美子「スカイハイ」出演で使えないと判った次点ストーリーの重点モスラ中心にシフトするべきではなかったかなあと思っちゃったんです。ウワサ通り吉岡美穂ダイコンだし……。
 とにかく、この映画に足りないのは尺と釈だなあと思いました。そういう意味では、心底
公太郎イラネっ! あの10分でもあれば、もう少し深い描写が出来たような気がするのだがなあ。とにかく、おしい。
 あっ、そうそう。今回「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」見所は、なんといっても3式機龍整備員のお姉さんです。どこの技術系職場にも、一見突拍子もない意見なようで、実は物事の本質を的確に捉えた意見をいきなりいう奴って、たまにいるよな(笑)
 

2004年1月4日(日)
大砲のカテゴリー、オープン。

 長いことバナーだけあってほったらかしになっていた大砲のカテゴリーをスタートさせました。それと同時に、ドイツ陸軍の対空砲と、ドイツ陸軍の対人砲のページ新設されました。ネタは、このサイトにふさわしい、新年早々凶悪アレアレアレなんですが、こういう大バカ兵器はもっと早く載せなさい>ワシ。

2004年1月5日(月)
時代はカモノハシ?
 この記事を書く前に断固として断っておくが、私は700系新幹線E4系新幹線が大嫌いである。なんぼ速く走るためとはいえ、あんなぶっさいくな形状の物空気の層をかき分けて走るのに適しているとは断じて認めたくないのだ。やっぱり新幹線は、500系新幹線のように美しくないと。
 さて、そのカモノハシ形状のことなのだが、今日購入したポピュラーサイエンス誌に、超音速ペリカン型戦闘機という記事があった。最近、海外のサイトは見ていても、細かいところまでは翻訳して読んでいなかったので、ノースロップグラマンのサイトこのページこの機体はなんじゃろなあ? と気にはなっていたのだ。
その疑問が、件の記事のおかげでようやく氷解した。どうやらこの機体は、F-5E タイガーIIベース機首をペリカンのクチバシのように成形した機体でこれによりソニック・ブームにより機体に加わる衝撃を1/3に緩和できるのだそうだ。700系新幹線E4系新幹線カモノハシ形状ほぼ同じ発想だったのだ。多分、効果はあるんだろうけど、新幹線同様カモノハシみたいな先端形状の航空機が増えるのは勘弁してほしいものだ。
2004年1月11日(日)
乗用型救助ロボット初公開 世界最大級、アニメのよう
 上のYahoo!のトピックスより、こっちのページの方が適当だろうな。テムザック社開発の、レスキューロボットT-52援竜
 いやはやついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! って感じですね。アームの負荷重量も、これのプロトタイプともいうべきテムザックT-5数百キロに対し、1トンまで向上したので、実用的なロボット(というよりレイバー)の域にようやく達したといってよいでしょう。
 テムザック04以前から培われていた無人遠隔操縦も可能なので、危険地域での作業も十分に行えるようです。この調子で、ぜひともモビルスーツまで行ってほしいものだなあ。なお、同型の標竜とは合体しません(多分)。

月面基地の建設計画発表へ 米大統領、火星有人探査も
米大統領、月面探査など宇宙政策発表へ
<宇宙計画>米大統領が新たな発表へ 有人火星探査構想か
 
結局どれやねん!! まあ真の内容は、来週にならんと判らんとゆうことなんだが。そんな記事群の中で……。

<新型宇宙船>米が開発へ スペースシャトルは退役
 なんか、そこいらへんのマスコミが、すぐにでも退役しそうな勢いでいろいろ書いてますが、新型宇宙船の実験機2007年フライトをめざしているわけですから、最低でもあと4〜5年は退役しません。
 確かに2度の事故は経験していますが、それでも数多くのミッションをこなした実績のある機体だということを忘れてはいけません。それに、現状の代替案も結局リフティングボディ有人機が多いんだけどねえ(笑) そんな裏で。


月面探査プロジェクト「嫦娥計画」年内に実施段階へ
中国:今年の宇宙計画は「9ロケット10衛星」

 中国は、非常に堅実宇宙計画を進めてますなあ。この調子で、米中が張り合い続けてくれると、これから先10年ぐらいは面白い時代が続くんでしょうが。やっぱし人間、競争がないとダメなんでしょうね。

米陸軍、四脚犬型ロボットの開発に着手
 とかいいながら米陸軍は、こんなこともやってるようです。これは、ボストン・ダイナミクス社犬型軍用ロボット
 日本レイバーをなんとかしそうですが、米国ゾイドモビルスーツ・バクウをなんとかするのかもしれませんね。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX、視聴終了。
 なんか、地上波でようやく始まったようなんですが、ビデオレンタルで一足お先に視聴終了(でもスカパー視聴者よりは遅いわな)。テレビ放送作品にしても、OVAにしても、3年かけて一つの作品を準備するという製作方法は、もっと許されてしかるべきだと思うんだけどね。この作品は、CSの普及によるコンテンツの渇望期にうまく乗っかれた非常に幸せな作品であったと思います。26話とも、どれも非常に面白かった。少なくとも、この作品だけは絶対に見ておくべき作品3年という月日を無駄なく凝縮して錬成した、珠玉の一品とい書いても過言ではないわな。

Special Hobby 1/72 ブローム・ウント・フォス Bv155B (V-1)
 艦上戦闘機型のMe109T改造して造った高々度戦闘機なんですが、ようやくまともなインジェクションキットが……。以前発売されていたマーリンモデルのキットなんて(ry

ダークウィスパー3巻出版っ!
 ようやっと、ダークウィスパーの3巻出版されました。ああ、長かった。本当に長かった。相変わらず、圧縮送信を強制的に受信させられたような画面で、よく見るとやっぱり非常にすごいことをさらりとやってのけていて本当にすごいんですが、いかんせん1巻2巻(あくまでバンダイ出版版)が出版されてから2度にもわたる引っ越しを行っているおかげで、すっかり細かいストーリーが判らなくなってしまっているのが困ったもんだなあ。
2004年1月13日(火)
ドラゴンモデルが、またやってくれるみたい!

 本日は本屋で、アーマーモデリング誌2月号を立ち読みした。陸上自衛隊特集だったので買おうかなと思って止めたのだが、裏表紙裏ドラゴンモデルの広告にまた驚かされた。
 シュトルムティーガー突撃臼砲に続いては、フンメルパンターF型ですよっ! まさか1/72パンターF型までもが、1,000円で買える時代が来ようとはのう……(ただし、1/144パンターF型が、プレミア価格1,000円以上するんだよなあ……(笑))。ならば、砲塔を四号戦車に搭載した計画案とかもあるので、2、3輌買っても損にはならんよなあ。フンメルは、昔ミニボックスEで持ってたので感動が薄いんですが、この調子でナースホルンとかも出るかもしれんので、今後も期待大っ

X-Planes
 最近たまにイエローサブマリン等で見ていたのが、X-Planes というメーカーの試作機関係のTOY。とはいっても、ブリスターパック8個組で売ってることが多く、欲しいものといらないものが混在していて、なかなか手を出せなかったんです。
 が、今日たまたまユザワヤに、ここのX-45 ペガサスUCAV実験機単品売りされていたので、速攻ゲット! 現状で、まともな立体造形X−45はこれとユニクラフトのキット(まともか、それ?)ぐらいなので、非常に貴重

ANIGRAND Craftswork
 最近海外からのメールSPAMばかりなのでかなりうんざりしていたのだが、ひさびさに来たリンク希望のメールのサイトここ。ここ数ヶ月ジャーマンホビードラでいくつか製品を購入していたキャストキットメーカーですなあ。今後のリリース予定も結構楽しみというか、よく見るとサイトのトップページによりによってコンベア モデル49の画像なんか張ってやがるよ。出すのか? なんか、米国の赤とんぼワークスと呼びたくなってきたなあ(キットのラインナップ、かなりかぶってるし)。カード払いも可能なのようですので、個人輸入にチャレンジするといいかも。

あっ!
 機動戦士アッガイ新作がっ!!(直リンはしてませんので、Googleの結果から行ってね)

2004年1月16日(金)
70,000アクセス、ありがとうございますっ!

 タイトル通り、ついに70,000アクセス
いつも来てくださっている皆様、本当にありがとうございます。
 本当は、べっこあめ時代から通算すると100,000アクセス超えてるんですが、まあそういうことはささいなことだな。
 70,000アクセス突破記念というわけでもないんですが、トップページサーチエンジンに手を加えました。まず、サイト内検索ようやく復旧しました。いや、いつの間にか復旧してたんだけど(笑) ディレクトリを増やしたりしたので、これからインデックスを作り直さなければいけませんが、基本的には使えるようになっています。
 それと、インターネット検索窓WWW Power Search 変更しました。いやあ、この検索窓むちゃくちゃ使えるっ! 主要な国内外の検索は網羅した上に、ファイル検索は出来るわ、ニュース検索は出来るわ、辞書検索は出来るわ、翻訳は出来るわ、挙げ句の果てにはヤフオクアマゾン価格.comなんかでの品物検索まで出来るどころか、さらには blog検索や、2ちゃんねるはてなアンテナなんかの特定サイト検索まで出来てしまう非常に優れもの日本語トップページの方が多機能なので、有効にご活用くださいませ。

<米大統領>新宇宙計画発表 月面基地や火星有人探査
 結局、スペースシャトル後継機(CEV)2008年までにテスト飛行させ、2014年CEV有人飛行を実現。ISS2010年までに完成させて、スペースシャトルを退役させる。2020年までに有人月面探査を行い、その後ムーンベースを建設して、そこを拠点有人火星探査を目指すということなんだそうなんだが、ブッシュがそんなに長く大統領やってるわけではなく、どうせ政権が交代したら方針が変わるんだから、どこまでこの通り進むことやら。

ウルトラマンAGE Vol.12、発売中のようです。
 そのわりに本屋で見た覚えがないんですが、ウルトラマンAGE Vol.12発売中のようです。今回の円谷超兵器カタログですが、ファイヤーマン科学特捜チームSAF科学調査潜航艇シーマリン号を取り上げました。すでにジャンボフェニックスバモス I 世、バモス II 世をやっていたのでファイヤーマンの特にシーマリンは、もっと早く取り上げたかったのですが、ようやく今号になってしましました。

2004年1月17日(土)
2年ぶりっ!
 もう、アホかとバカかと言われそうなんですが、2年ぶりリンクページの見直しを始めました。こちらがリンクページに登録していたサイト管理者の皆様で、「もうとっくの昔に移動したわいっ!」という皆々様、お待たせいたしました。今日の改訂結構復活+αさせましたんで。

「ハッブル宇宙望遠鏡」が事実上の引退へ
 なんか、ものすごくもったいない話だなあ。
2004年1月29日(木)
バンダイ 東宝マシンクロニクル

 バンダイの公式サイトに載ってないのもどうかと思うんですが、ついに出ました東宝メカフィギュア(人形じゃないものを、フィギュアと呼称するのは、個人的にはどうかと思うんですが、世間様ではすでにフィギュアで通ってるし、他に簡単で適当ないい方が思いつかなかったので)。
 ドラゴンの1/72戦車もそうですが、メーサー光線殺獣車だの、ムーンライトSY-3だの、緯度0大作戦α号だの黒鮫号だのといった、一昔前なら数千円のガレージキットでしか入手できなかったアイテムが、たとえそこそこの出来でもたったの350円で入手できる時代が来ようとは……。個人的には地球防衛軍のメカがラインナップに入ってないのが不思議なんですが、まあそこは第2弾として、地球防衛軍のβ号マーカライトファープ宇宙轟天ガンヘッドAC-3しらさぎ、出来れば深海調査艇わだつみぐらいで出してみてはどうか?
 とりあえず、全種類+メーサー3輌入手できたのでよし。

CAN.DOフィギュア NASA アポロ11
 今日ユザワヤにあったので、とりあえず司令船コロンビアと着陸船イーグルのセット購入C、D、Eのセットとでトライブを結成すれば(笑)、それなりの大きさのサターンV型ロケットが出来てしまうのは結構魅力的。というか、ロケットの模型はやっぱり大きい方がいいと思う。探査機人工衛星マーキュリーカプセルのような宇宙機は、王立科学博物館ほどの大きさでもいいんだけどね。


制作者への電子メールは、右記アドレスをクリックしてください: k1sahara@strange-mecha.com